農場HACCP認証制度について農場HACCP推進農場について認証農場畜産農家の皆様へ研修会
  1. トップ
  2. 農場HACCP制度について

農場HACCP認証制度について

 畜産物の安全性向上のためには、個々の畜産農場における衛生管理をより向上させ、健康な家畜を生産することが重要です。
 このため、農林水産省では畜産農場に危害要因分析・必須管理点(HACCP)の考え方を取り入れた飼養衛生管理を推進しており、平成21年8月には、『畜産農場における飼養衛生管理向上の取組認証基準(農場HACCP認証基準)』 を公表しました。
 中央畜産会では、この基準に基づき審査を行った上で、畜産農場を認証しています。

・農林水産省 家畜の生産段階における飼養衛生管理の向上について(農場HACCP等)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_haccp/

農場HACCP認証へのご案内(リーフレット)(PDF)

(参考)畜産農場における飼養衛生管理向上の取組認証基準

  1. 認証を希望する生産農場は、認証機関が定める申請書類を提出することになります。なお、この申請に当たっては、各認証機関が定める審査料を納入していただくこととなります。
  2. 認証機関の審査は、文書審査及び現地審査で行われます。審査希望農場の農場HACCPの取組が認証基準に適合しているかどうか、文書及び現地にて審査するものです。
  3. 認証基準に適合した生産農場は、認証機関から認証書が交付され、認証機関のホームページ上で公表されます。また、希望により認証マークを農場に掲示することができます。
  4. 認証された生産農場は、認証後も、一定期間ごとに認証基準に適合しているか更新のための審査を受けることにより、認証の有効性が確保されていきます。